男性心理を知らないと彼氏ができない

合コンに積極的に参加してもなかなか彼氏ができないという状況が続くと自分には魅力が無いのだろうかと感じてしまうことがあるかもしれません。確かにそれだけ多くの出会いの場に顔を出していて全く出会いにならないというのであれば何か問題があると考えたほうが良いでしょう。特に出会いのチャンスが多い人ほどこの様な状況に陥ってしまうケースが多くなってしまうものです。

彼氏ができないのはルックスの問題と考えている人は少なくはありません。生まれ変わったらお金持ちになるよりも美人に生まれたいという女性は多いので無理はないのかもしれませんが、世の中の人をよくよく見てみると意外に美人の女性で売れ残ってしまっているという人は多いのです。これは何故なのでしょうか?

実は自分は魅力的だから相手は自分を気に行ってくれるのが当然という態度に彼氏ができない本当の原因が隠されている場合があります。男というのは個々の性格的な物もありますが基本的に女性から上から目線でモノを言われることを嫌います。特に学歴の高い人の場合にはそれだけで敬遠されるというケースは多々ありますからそういった男性心理をまず知らなければなりません。

決して男性よりも女性が劣っているという訳ではないのですが実際にはそういった風潮というのは恋愛に大きく影響しているのです。なかなか彼氏ができないという女性はもしかしたら恋人になる人に要求する条件が非常に高いのではないでしょうか。年収はいくら以上なければならないだとかそういった条件を前提で男を見ているというのは空気感で分かってしまいます。

男性は能力のある人ほどそういうことには敏感に反応します。あぁこの人は条件で判断する人なんだと感じると例え今自分がその条件を満たしていたとしても万が一何かでその条件を満たしていない状態になったらどこかに行ってしまうのではないかと考えてしまうのです。彼氏ができないのは相手に対してそういった心理的なプレッシャーを与えていることが大きな原因なのかもしれません。

そもそも男性は女性に対して安らぎを求めます。頑張って仕事をしてきた後にはやっぱり安らぎが必要です。そんななかで自分の都合のよい考え方ばかりする女性と一緒にいるのは精神的にとても疲れてしまうのです。彼氏ができないのは男性の心理状態を相手の立場に立って考えていないからなのです。

彼氏ができないという現象には必ず原因があります。恋人関係というのは相手があって初めて成り立つものですから自分のことばかり考えている人には関係性を続けるということは非常に難しいかもしれません。特に社会人で仕事が忙しい人ほど単に一緒にいて安らげるということは非常に重要なことだと感じています。そのニーズにこたえられなければ彼氏ができないのは当然です。

どんな人にも魅力というのは必ずありますから絶対に彼氏ができないということはないはずです。もしも全く恋人が出来そうにもないという場合には相手の立場になって考えてみるという発想を持つ必要があるのです。そうすればおのずと自分の行動が変わって事態は好転していきます。



彼氏ができないなら

- mono space -